住宅構造

【住宅価格】戸建住宅・マンションの坪単価はいくら?

戸建住宅やマンションを購入するとき、どの程度にお金を準備するべきでしょうか?

住宅金融支援機構を利用した物件データ(2017年)から、都道府県別の戸建住宅・マンションの坪単価を算出しました。

住宅ローンを含め、住宅購入計画において、住宅の購入価格を把握することは重要です。

Contents

『無理をしない価格』で購入計画を立てよう

皆さんは、なぜ、戸建住宅・マンションを購入しようと考えているのでしょうか?

家族が増えて、住宅が狭くなってきたから。

家族ともっとよい環境の場所で暮らしたいと思ったから。

いろいろな理由があると思いますが、家族との「楽しい生活」のために家を建てるのではないでしょうか?

高価格の家を購入に比例して「楽しい生活」となる訳ではありません。

他の人に自慢したいために家を購入する訳ではないでしょう。

住宅ローンの負担が大きく、日々の生活費に支障が発生すると、むしろ家族の楽しい生活に支障が発生するのではないか、と思います。

『無理をしない価格』で購入計画を立てることが重要です。

将来修正できない場所の費用はケチらない

柱や梁の構造体の強度を2倍にしても、価格が2倍になる訳ではない。

建物の構造(基礎や梁・柱など)は一度建設すると、修正することは非常に困難です。

柱や梁・柱は修正できないので、「家族の安心」のため、構造体は余裕をもった仕様とした方が良いでしょう。

柱や梁の強度を2倍にしても、柱や梁の大きさが2倍にはなりませんし、価格が2倍になる訳ではありません。

梁の幅を変えずに、せい(高さ)を1.25倍にすると、

梁に作用する応力は約1/2倍になります。

個々の住宅の条件によるので、正確な値ではありませんが、建物2倍強度にしても、建設費はせいぜい、1割増し程度でしょう。

基礎はべた基礎

建物が傾くと、居住性が大きく低下します。

基礎仕様は、『べた基礎』をおすすめいたします。

独立基礎・布基礎よりも、建物の重量が地盤に平均的に作用するだけでなく、地盤に作用する圧力も小さくなるので、地震に対して安心です。

断熱材は居住性に大きく影響。光熱費費用削減

断熱仕様は、居住性に大きく影響します。

エアコンの稼動を小さくできるので、光熱費の削減を期待できます。

また、断熱された住居では、部屋の温度さがないため、健康的な住宅となります。

断熱材の種類は、グラスウール、ロックウール、ウレタンなどいくつかの種類があります。

ここでは多く使用されているグラスウールを例にとって考えます。

グラスウールの比重によって、断熱性能は変化します。

断熱材の比重が大きいほうが、断熱性能は高くなります。

材料費は2倍になっていますが、建物の費用のうち、建物躯体がおおよそ25%程度でしょう。そのうち断熱材に含まれる割合は非常に小さいので、建物全体費用のうち、断熱材変更によって、建設費が大きく変動しません。

私「ゆこな」断熱材を「ケチらなければよかった」、と後悔しています。

密度(kg/㎥) 熱伝導率(W/m・K) 熱抵抗(㎡・K/W) 価格(円/坪)
16 0.038 2.0~3.1
(厚さによる)
5,300~6,400
24 0.035 3.0 10500

都道府県別の戸建住宅・マンションの坪単価

住宅金融支援機構を利用した物件データ(2017年)から、都道府県別の平均住宅面積、平均建設費用、平均坪単価を算出しました。

ここでの戸建住宅とは、注文住宅のデータを用いています。建売住宅は下の表の数値よりも小さめの値となります。

北海道・東北地方の戸建住宅・マンションの坪単価

●土地+戸建住宅購入の場合

床面積(坪) 建設費+土地代(万円) 坪単価(万円/坪)
北海道 34.9 3466 99.3
青森県 35.7 3379 94.6
岩手県 34.6 3328 96.3
宮城県 36.5 3986 109.1
秋田県 33.2 3060 92.2
山形県 35.6 3656 102.7
福島県 35.3 3818 108.2

●戸建住宅購入(土地はすでに取得:ローンなし)の場合

床面積(坪) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
北海道 41.2 3220 78.2
青森県 39.8 2918 73.2
岩手県 39.7 3128 78.8
宮城県 41.2 3327 80.8
秋田県 40.2 3061 76.1
山形県 42.9 3259 76.0
福島県 40.9 3481 85.1

●マンションの場合

床面積(㎡) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
北海道 74.8 3595 158.6
(48.1万円/㎡)
青森県 データなし
岩手県 データなし
宮城県 76.4 4073 175.9
(53.1万円/㎡)
秋田県 データなし
山形県 データなし
福島県 79.7 3455 143.1
(43.1万円/㎡)

関東地方の戸建住宅・マンションの坪単価

●土地+戸建住宅購入の場合

床面積(坪) 建設費+土地代(万円) 坪単価(万円/坪)
茨城県 35.3 3656 103.5
栃木県 35.4 3654 103.2
群馬県 35.2 3529 100.3
埼玉県 34.0 4336 127.6
千葉県 34.5 4123 119.5
東京都 30.0 5592 186.2
神奈川県 32.1 4869 151.9

●戸建住宅購入(土地はすでに取得:ローンなし)の場合

床面積(坪) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
茨城県 38.2 3209 84.0
栃木県 38.8 3143 81.1
群馬県 37.1 2986 80.4
埼玉県 38.5 3462 90.0
千葉県 38.2 3377 88.4
東京都 38.4 3936 102.5
神奈川県 39.0 3699 94.9

●マンションの場合

床面積(㎡) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
茨城県 84.5 3790 148.0
(44.9万円/㎡)
栃木県 72.1 3374 154.4
(46.8万円/㎡)
群馬県 データなし
埼玉県 67.9 3924 190.7
(57.8万円/㎡)
千葉県 72.6 3707 168.5
(51.1万円/㎡)
東京都 61.9 5205 277.5
(84.1万円/㎡)
神奈川県 68.0 4680 227.1
(68.8万円/㎡)

中部地方 の戸建住宅・マンションの坪単価

●土地+戸建住宅購入の場合

床面積(坪) 建設費+土地代(万円) 坪単価(万円/坪)
新潟県 35.8 3535 98.7
富山県 37.8 3526 93.2
石川県 37.5 3748 99.9
福井県 36.5 3371 92.5
山梨県 35.6 3507 98.5
長野県 35.5 3799 107.0
岐阜県 35.0 3599 102.9
静岡県 34.8 3970 113.9
愛知県 35.3 4417 125.0

●戸建住宅購入(土地はすでに取得:ローンなし)の場合

床面積(坪) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
新潟県 40.3 3165 78.5
富山県 41.2 3074 74.6
石川県 41.2 3274 79.4
福井県 41.0 3322 81.0
山梨県 38.7 3082 79.6
長野県 38.8 3328 85.8
岐阜県 38.8 3316 85.5
静岡県 39.6 3433 86.7
愛知県 40.2 3581 89.1

●マンションの場合

床面積(㎡) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
新潟県 66.8 3006 148.5
(45.0万円/㎡)
富山県 データなし
石川県 82.3 4006 160.6
(48.7万円/㎡)
福井県 データなし
山梨県 74.9 3156 139.0
(42.1万円/㎡)
長野県 データなし
岐阜県 データなし
静岡県 75.4 4335 189.7
(57.5万円/㎡)
愛知県 70.4 4111 192.7
(58.4万円/㎡)

関西地方 の戸建住宅・マンションの坪単価

●土地+戸建住宅購入の場合

床面積(坪) 建設費+土地代(万円) 坪単価(万円/坪)
三重県 35.9 3752 104.5
滋賀県 35.0 3875 110.8
京都府 33.1 4062 122.9
大阪府 32.8 4264 129.9
兵庫県 34.8 4200 120.6
奈良県 34.9 4086 116.9
和歌山県 34.7 3777 108.9

●戸建住宅購入(土地はすでに取得:ローンなし)の場合

床面積(坪) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
三重県 37.5 3164 84.5
滋賀県 39.3 3517 89.5
京都府 37.3 3215 86.3
大阪府 38.8 3529 90.8
兵庫県 38.4 3384 88.1
奈良県 40.2 3439 85.5
和歌山県 36.3 3170 87.2

●マンションの場合

床面積(㎡) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
三重県 78.0 3497 148.0
(44.8万円/㎡)
滋賀県 73.7 3348 149.9
(45.4万円/㎡)
京都府 67.2 4242 208.3
(63.1万円/㎡)
大阪府 68.8 4152 199.2
(60.3万円/㎡)
兵庫県 72.2 3992 182.5
(55.3万円/㎡)
奈良県 71.3 3440 159.2
(48.2万円/㎡)
和歌山県 74.3 3685 163.7
(49.6万円/㎡)

中国地方 の戸建住宅・マンションの坪単価

●土地+戸建住宅購入の場合

床面積(坪) 建設費+土地代(万円) 坪単価(万円/坪)
鳥取県 33.6 3051 90.9
島根県 35.7 3186 89.2
岡山県 34.9 3894 111.5
広島県 35.0 3928 112.3
山口県 34.2 3704 108.2

●戸建住宅購入(土地はすでに取得:ローンなし)の場合

床面積(坪) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
鳥取県 データなし
島根県 データなし
岡山県 38.1 3318 87.2
広島県 38.2 3255 85.3
山口県 35.0 3191 91.2

●マンションの場合

床面積(㎡) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
鳥取県 データなし
島根県 データなし
岡山県 75.4 3170 138.7
(42.0万円/㎡)
広島県 75.6 4008 175.0
(53.0万円/㎡)
山口県 75.8 2736 119.1
(36.1万円/㎡)

四国地方の戸建住宅・マンションの坪単価

●土地+戸建住宅購入の場合

床面積(坪) 建設費+土地代(万円) 坪単価(万円/坪)
徳島県 34.8 3654 104.9
香川県 36.3 3713 102.3
愛媛県 34.2 3543 103.6
高知県 33.1 3568 107.7

●戸建住宅購入(土地はすでに取得:ローンなし)の場合

床面積(坪) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
徳島県 37.5 3127 83.4
香川県 38.0 3200 84.3
愛媛県 37.2 3034 81.7
高知県 35.7 2995 83.8

●マンションの場合

床面積(㎡) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
徳島県 データなし
香川県 74.7 2724 120.3
(36.5万円/㎡)
愛媛県 72.0 2496 114.4
(34.7万円/㎡)
高知県 データなし

九州・沖縄地方の戸建住宅・マンションの坪単価

●土地+戸建住宅購入の場合

床面積(坪) 建設費+土地代(万円) 坪単価(万円/坪)
福岡県 35.2 4041 115.0
佐賀県 35.2 3639 103.4
長崎県 34.5 3840 111.2
熊本県 33.5 3705 110.4
大分県 34.5 3509 101.6
宮崎県 33.1 3312 100.2
鹿児島県 32.5 3378 103.8
沖縄県 31.5 4097 130.0

●戸建住宅購入(土地はすでに取得:ローンなし)の場合

床面積(坪) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
福岡県 39.3 3304 84.1
佐賀県 40.9 3362 82.1
長崎県 38.1 3115 81.8
熊本県 40.6 3325 81.9
大分県 38.4 3156 82.3
宮崎県 35.5 2866 80.7
鹿児島県 35.1 2824 80.5
沖縄県 38.9 3428 88.1

●マンションの場合

床面積(㎡) 建設費(万円) 坪単価(万円/坪)
福岡県 78.1 3408 144.0
(43.6万円/㎡)
佐賀県 74.0 2511 112.0
(33.9万円/㎡)
長崎県 77.7 2882 122.4
(37.1万円/㎡)
熊本県 78.6 3301 138.6
(42.0万円/㎡)
大分県 81.4 3130 126.9
(38.5万円/㎡)
宮崎県 71.1 2608 121.0
(36.7万円/㎡)
鹿児島県 73.5 3187 143.1
(43.4万円/㎡)
沖縄県 71.5 3052 140.9
(42.7万円/㎡)

住まいのセカンドオピニオンのすすめ

いかかでしたか。

今回の報告も含めて、1面だけで判断せず、多面的に検討する必要があります。

住宅の建設の場合、①利便性や②価格、③安全性などを総合的に判断する必要があると思います。

①利便性や②価格を総合的に判断するには、いくつかの提案プランを比較することがおすすめです。

住まいは大変高価な買い物です。

1人の営業トークだけで決めてしまうのは、大変もったいないと思います。

タウンライフでは、大手ハウスメーカーのプラン『無料』『同時に請求』できるのでとても便利です。

『無料」で『同時に請求』したプランを見て、もう一度考え直す、 住宅を買うのを止めるということも視野に入れても問題ないと思います。


注文住宅プラン・見積が『無料で一括』取得できます。

リフォームプラン・見積が『無料で一括』で取得できます。

エクステリアをハウスメーカーと分離することで、
安くすることが出来る可能性』があります。

『リフォーム前』に火災保険申請可能か確認しましょう

実際に請求しようと思ったときには、各メーカーから、「より良いプラン」を引き出すため、以前「ゆこな」で紹介したこちらのページも参照してみてください。

メーカー・工法によっても『安全の考え方』が違っています。

おのおののプランを入手して、①利便性や②価格の『適正な設定』を住宅メーカーではなく、自らが決めていくことが必要なのだと思います。

とはいっても、住宅の専門的なことをどのように決めてゆけばよいのか、と感じるかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな時、わたくし”ゆこな”が、皆様によりそって、「住まいのセカンドオピニオン」として安全性の考え方についてのサポートし、皆様のよりよい住まいつくりのお手伝いができれば、と考えています。

「ゆこな」のセカンドオピニオンのご依頼・ご質問はご遠慮なく、メールお願いいたしますね。

ABOUT ME
管理人
管理人
一級建築士「ゆこな」です。 子どもが3人と日々格闘中です。。。 「ゆこな」の名前は、は子どもの名前の1文字づつ をもらって付けました。 子どもが安全な住まいや暮らしについて皆さんと考えて いきたいと考えています。